Claris FileMaker GoFileMaker Go

Claris FileMaker Go App Store からダウンロード

どこにいても iPad や iPhone からデータに接続。

FileMaker Go は App Store からダウンロードでき、カスタム App を iPad と iPhone 上で実行できます。FileMaker Pro で作成したカスタム App を FileMaker Go で使用すれば、外出先でもチームと簡単に情報を共有することができます。これらのモバイルカスタム App には、コンピュータで動作する FileMaker カスタム App と同様のパワーと機能が備わっています。FileMaker Go を使用すれば、倉庫で在庫をチェックしたり、顧客訪問中に請求書を作成、あるいは現場で検査を実行したりするなど、さまざまなことが可能になります。

FileMaker Go のお客様事例を見る
FileMaker 機能のサポート ポータル、タブコントロール、Web ビューアといった定番の機能は、FileMaker Go でも動作します。ほとんどのスクリプトステップ、スクリプトトリガ、関数もサポートされます。
データ管理 iPad や iPhone でデータを収集、編集、検索、ソートすることができます。
メディアファイルのサポート デバイスで写真やビデオを撮影したり、オーディオを録音し、直接カスタム App に追加できます。スクリプトを使用すると、ビデオまたはオーディオの再生を開始および停止するポイントを自動化できます。
レポートの作成 データにグラフを表示し、目を引くレポートを作成できます。AirPrint を使って、レポートや帳票の印刷も可能です。
署名のキャプチャ iPad または iPhone 上で紙のフォームに署名するようにドキュメントに署名してカスタム App に追加することができます。スクリプトを使用すれば、敬称や説明、署名行の下のテキストを追加することもできます。
バーコードスキャナ バーコードを自動的にスキャンしてカスタム App に挿入します。スクリプトやプラグインは不要です。
キーボードのタイプ URL、数字、メールアドレス、電話番号など、入力したいデータのタイプに適したキーボードを選択できます。また、スクリプトを追加して、オンスクリーンキーボードを表示するかどうかを制御できます。
Starter App プロフェッショナルにデザインされたテンプレートを FileMaker Pro で選択できます。連絡先、資産、請求書などを管理するテンプレートには、iPad や iPhone 向けに最適化されたレイアウトも用意されています。
ポップオーバー iOS スタイルのポップオーバーを使用して、グループ化したフィールドやリンク、その他の情報を、複数のウインドウを開かずに表示できます。
スライドコントロール 同じレイアウト内の別のスライドパネルで、画像などのデータを管理できます。パネル間はスワイプで移動が可能です。
データのエクスポート Excel、CSV、タブ区切り、HTML などのファイル形式で、FileMaker Go からデータをエクスポートできます。
Slide Over と Split View のサポート FileMaker Go を使いながら、iPad および iPhone 上の他のアプリケーションを開いて操作することができます。
データベース暗号化 デバイス上でも FileMaker Server や FileMaker Cloud 上で共有されているときでも、データは強力な AES 256 ビット暗号化を使用して保護されます。ただし、暗号化を有効にするには、FileMaker Pro が必要です。
OAuth 2.0 サポート 既存の Amazon、Google、または Microsoft Azure のアカウント認証情報を使用して FileMaker のカスタム App にログインできます。
ファイル転送 iOS の共有シートを活用して同じデバイス上にある iOS アプリケーション間でファイルを移動したり、AirDrop を使用して他の iOS デバイス上のアプリケーションにもファイルを転送したりできます。
Touch ID のサポート 指先のタッチによるロック解除でカスタム App に安全にアクセスできます。
センサーのサポート 新たな計算機能を使用して、モバイル App で iPad または iPhone デバイスの iOS センサーから位置、傾き、速度、加速度、回転速度、磁気、気圧、およびバッテリーの充電レベルなどの情報を収集できます。
ユニバーサルアプリ FileMaker Go は、iPad と iPhone の両方に対応しています。
既存の PDF に追加 FileMaker Go では、スクリプトステップを使用して指定された PDF ファイルにさらにデータを追加できます。
バーコードのサポートを拡張 FileMaker Go がサポートするバーコードのタイプに次の 4 つが追加されました:PDF417、ITF-14、Aztec、Data Matrix

FileMaker Go 19 の新機能

製品概要を見る ↑
Siri ショートカットのサポート スクリプトを指定してショートカット App に登録すると、ショートカット App または Siri 音声コマンドで実行できるショートカットを作成できます。
Core ML による学習モデルを用いた推論 スクリプトを使用して、Core ML (機械学習) モデルをロードして使用できるように準備します。
NFC(近距離無線通信)タグの読み込み スクリプトを使用して、NFC (近距離無線通信) タグをスキャンまたはスキャン停止します。
 
トップに戻る ↑